子どもを亡くした親の為に

 


この道を、ゆっくりゆっくり辿っていただけることを、心から祈ります。
私もまだこの道を歩いています。
景色はあの日のままではありません。
それは、悲しくもあり、寂しくもあり、、、。
それでも、私自身の人生の道へとシフトしていく時期を迎えています。